時給5000円の薬剤師の独り言

最近どんどん新薬が出ている、アレルギーの薬の話です。
なぜかそれらは全部、食前に飲むようになっているのです。鼻炎もちの私は驚きました。
食前という言葉の意味は、食事を食べる30分以上前のことを指します。決して、食事を食べる直前に飲むという意味ではありません。直前に飲む薬は、食直前といいます。主に、血糖値を下げる薬などが該当します。
でも、食事を食べる30分以上前って、実際すごく難しい。

新しくでてるアレルギーの薬は、食事に影響されることが多いので食前に飲まなきゃいけないようです。
ガチで食前です。
漢方なら食前って書いてあっても食直前だろうが食後だろうが別に構わないのですが、新しくどんどんんでる薬のほぼすべては、食事に影響されるので食前に飲むようにということになっています。
薬局長の意見。
「これからはアレルギーの薬は食前がメインになっていく時代なんだろうね」
とあっさり言ってました。

鼻炎もちの私、食前に飲むのは絶対不可能に近いだろうと思われます。
だってさ、食事なんて厳密には分からないじゃない。飲み会とかに行ったらなおさら分からない。アレルギーの薬を飲んだ時間を測って、みんなが乾杯とかしたりして、これ美味しい、とか、何これ、ほんとに食べ物? とか言ってる時に、私は食事をとれずにスマホのアラームがなるのを待ってました。スマホのアラームの前に、お腹が鳴るよ!!の世界です。
薬局長のお言葉ですが、そのような時代は絶対に願い下げです。

なんでそういう薬しか作れないかなー。やめてほしいんだけどなー。飲みづらいんだよなー。
眠剤をお酒で飲むことには抵抗がない私ですが、食事に影響を受けると添付文書に書いてあって、しかも私の鼻炎は、ひどい時は一日で箱ティッシュがなくなるようなもの。
これはきちんと効果が出てほしいので厳密に守っているのです。

でも、本当にどうして食事に影響される薬ばかり作るんだろう。他のみんなも、絶対に厳密な意味での食前では飲まないだろうなぁ、と思いながら鼻をかむ私でした。製薬会社の人もそこらへんちゃんとリサーチしてほしいです。効能副作用ばかり考えてる場合ではないです。こんな薬ははっきり言って、実用的ではないと思いませんか?まあ今日も時給5000円でたっぷり稼いだからいいわ。(苦笑)
私みたいにたっぷり稼ぎたい薬剤師さんはこのサイトをチェックしてみるといいよ!⇒ <<薬剤師求人時給5000円>>オススメです。